1997年11月アーカイブ

すし屋に行く

朝起きたら、少しだるい…。 やっぱり昨日の注射はヤバかったかな? ふらふらとキッチンに行きます。 いつもの行事として冷蔵庫をあけて、「はー」なにもない。 でも、今日はなんか食べないと駄目だろうから、スーパーに買い物に行くことにしました。

確か、アパートから10分ぐらいのところに一件あったよな。 自分の感に頼りながら、ふらふらと道を歩きます。 …みつからない。 しかも、迷っている。 でも、大丈夫。 楽天的なまーくんは「どうにかなるさ」と自分に言い聞かせて更に冒険を続けます。 30分経過、何が大丈夫だったのか、思いっきり知らない景色が僕を包んでいます。

おなかすいたなー。 ゾンビのようにふらふらと道をさまよっていると、「すし」と書いてある看板が目の前をよぎりました。 「お寿司かー、たまには贅沢してもいいよな」なんて思いながら、店の方向へ…でも、なにかあやしい。 なぜかというと、看板の「すし」という文字の前に何か書いてあります。 よく見てみると、看板には「カフェ・すし」と書いてあります。

「かふぇすし?」絶対にあやしい…。でも、空腹には勝てず、体は店のドアを開けました。中はネオンのギラギラした、カフェのような感じです。その中に板前さんのカウンターがあります。「いらっしゃい!」粋のいい、板さんのあいさつにつられて足はカウンターへ。「ヤバイよな、絶対。」なんて思っているのですが、根性を決めて一通りお寿司をお願いしました。そしたら、驚き。けっこう、美味しいです。あとで板さんに聞いたら、ここはホテル・フォーシーズンの料理長にTVで推薦されるほどのところらしいです。あらま、そりゃすごい。値段も良心的だしこれは拾い物だと思いながら店を出ます。でも、その時、僕は帰り道がわからない事や家に空っぽの冷蔵庫が待っている事など考えもしないのであった。ゴーン。

一言: 外見は所詮、外見。中身で勝負です。

今日もウイスキーいやワイスキー先生の授業です。もー、僕の名前はブラックリストに載っているので名前もきちんと覚えてもらっています。先生が部屋に入ってきました。おっと、いきなり黒板になんか書きました。

うーん、なんだろ? 人の顔が四角い穴だらけの物体の方向を向いています。ちょっと考えていると、先生が「これは、なんでしょう?」「そりゃ、私が聞きたいよ。」なんて事は口に出さずに黙っています。「これは、スイスチーズを見ている人です。」先生が言いました。「なんやねんそれ?」と突っ込みたいのですがぐっとガマン。更になにが言いたいのか聞いていると、スイスチーズは「物事」で見ている人は「それを判断する人」の例えだそうです。

さて、この人は何を見ているかわかりますか…?要するに言いたい事は、「物事はみる人によって無限大に解釈される。」だから、すべての人の意見には大切なことが込められているのです。意見のすれ違いなんていうのは当たり前だし、ある物に対してヒイキ目に考えるのも普通なんですよね。もし、今度あなたが誰かの意見を聞いたら考えてみるのもいいでしょう。この人はどの穴からスイスチーズを見ているのか?それとも、スイスチーズすら見ていないのかも…。

一言: 人の意見を聞くときにはその人がどのような所から物事を考えているのかを知る必要がある。

このアーカイブについて

このページには、1997年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは1997年10月です。

次のアーカイブは1997年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25