ケッターまし~ん

ある人はチャリ、ある人はケッターとよぶわけなんですけど、なんてことはない自転車の話です。僕は名古屋生まれなのでケッターとよんでいたんですが、小学校で千葉に転校した時に通じなくなったので、今ではチャリとよんでいます。でも、個人的にはケッター派です。だって、「ケッターを蹴ったー。」とか言えないじゃんチャリだったらさ…。(激さぶっ)はい、すいません。それでは、みんなが静まりかえったとこで本題に移りましょう。(半数以上はバックボタンを押してる可能性もありますが…)

ケンブリッジの町は自転車が必需品です。特に「街の中心から近い」の寮の説明にだまされた僕としては自転車がないとダメなわけさ。(前の日記よんでね)で、自転車買いにゴ~♪寮の人の話によると中古の方が得とのこと。その心は、「新品買ってもここの天気じゃ、すぐさびるし、盗まれちゃう。」ということらしいです。それでは中古が置いてある市場の自転車屋さんにきました。…まじ、これ売ってんの?すごいよ、みんな。やっていいことと悪いことがあるっておに~さん。自転車ボロボロやん。日本だったらとっくに廃棄処分の刑にあってるようなものがぞろぞろあるある。しかも、値段は65ポンドぐらい。ね~ね~、ぼくはごみに13000円とか払うの…。でも、中古の相場はそんなもんらしい。結局、いろいろ見て別の自転車屋さんで70ポンドのごみ…いや、自転車を買いました。

じゃ~ん、でも、どんな出来そこないでも自分の物はかわいいんだよね。さっそく、次の日、マイ・ケッターマシーンに乗って買い物にいきました。「ぎー、ぎー。」なんの音かと思えばタイヤがずれてるらしい…。買った時には、なってなかったのに~。このおかげで僕は町の人気者、10メートル以内の人には必ず振り向かれるようなセクシーな存在にはやがわり。聞いてるほうもうるさいだろうけど、乗ってるほうはもっとうるさい…。泣けてきたよ…とほほ。

それでも、飲み物を籠に乗せて寮に帰ってきた僕はさらなる危機に遭遇したのです。…「前輪、パンクしてるよ…」も~、思わず、日本政府はどうなってるんだ~、だから、クリントンは葉巻挿入(プレー)したっておもちゃのかんずめはもれなくプレゼントなんだ~なんておもっちゃったよ。ホント。なんでやねん。ど~して、ぎーぎーゆ~ねん。なんで、炭酸水3本お徳用パックを乗せたらタイヤわれるねん。ひさしぶりに心の中はインチキ関西弁でつっこみまくってます。でも、なんで、自転車にボケられなあかんねん。しかし、悲劇はそれだけでは終わらなかった…。次の日、文句言いに自転車屋さん行ったら、自転車屋さん移転してました…。この、まるで計算されたような連携プレーに日本代表キャプテン森田正康もギブアップするしかなかったのであった…。ゴ~ン。

一言: こんなお茶目な彼(ケッター)に名前募集中。

このブログ記事について

このページは、森田 正康が1998年11月28日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんでそうなるの? ②」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25