弟の起こした大惨事

めずらしく弟からTELが来た。16歳の弟である。すっげ~いい弟である。かわいくて仕方がないというのが本音である。5歳の時から僕が付きっきりでサッカーを教えたんだ。よく7才も離れている僕の自主トレに付き合っていつもがんばっていた弟。今考えればよく努力したよね。口には出さないけどすんげ~尊敬してます。そのお陰かは知りませんが地元では新聞に載るような有名なサッカー選手になりました。リーグの得点王として表彰もされちゃったりしました。でも一番驚いたのはアメリカのオリンピック代表チームの一次選考に残ったことです。がんばれ、武弘、もうすこしがんばれば僕が日本代表に売りこんでやるからな…(限りなく兄馬鹿である。)しかし悔しいのはひょっとしたら僕よりサッカーが上手くなってしまったかも知れない…。これはうれしいようでちょっと悲しい。思いっきりボールをぶつけて苛めてたころが懐かしい。(あんた、全然やさしくないじゃん…)あ、たっくん、お兄ちゃんにはやさしくしてね…。いつ復讐されるかびくびくである。でも、まだ僕のほうが上手いかな…。そう「自分」では「まだ」そう信じている。今度カリフォルニアに帰るときが楽しみだ…。

話はずれたけどそんな弟からTELがあった。しかもなかなか要点を言おうとしない…。いつもなら、「あ、お兄ちゃん?マイケル・オーエン(イギリスのサッカー選手)のシャツ送ってね~、ガチャ。」である。そんな弟がもじもじしているという事はなにかあるに違いない…。やさしく、「どうしたんだよ?なんかあったの?」と聞いてみた。そしたら、車運転して事故ったらしい。そんでもってどうしようという事である。

弟:「どうしたらいいかな~、お兄ちゃん。」
僕:「どうしたの?」
弟:「道でスピンして知らない家の塀を壊しちゃった。車も半分ボロボロになっちゃた。」
僕:「で、お前は大丈夫なのか?けがないのか?」
弟:「うん、だいじょうだよ。」
僕:「だったらいいじゃん。お兄ちゃんだって昔、高速道路でスピンして車ボロボロにしたしさ。気にするなね。お父さんだって許してくれるよ。」

何をそんなにおどおどしてたのか。うちの両親はケガとか人身事故じゃない限りはなにも言わない連中である。大学時代に僕が車を廃車にしたときも、「まさやす、偉いぞ、これで保険で新しい車が買える。」と喜んだ輩である。その時は「僕は一体…」って感じでした…。とりあえず、それを弟に教えてあげた。そんで一言。「心配すんなよ、大丈夫だって…。」う~ん、正にお兄ちゃんの鏡である。やさしいね、まさやすって感じである。しかし、弟の元気は回復しなかった…。それがなぜかは次の瞬間わかりました…。

弟:「車、お兄ちゃんのだったんだ…。」
僕:「@$@$#%#%&*(#@_#$*@)#$!!!」
(僕の心の叫び…)

一瞬、気を失いかけました…。心の中は文字化け状態である…。それでも、気を取り直していいました。

僕:「でも、保険があるじゃん…。大丈夫でしょ?」
弟:「でもね、まだ、免許とりたてだから保険使えないの…。」
僕:「@$@$#%#%&*(#@_#$*@)#$!!!」
(僕の心の叫び…パート2)

もうだめです。あとは頼んだぞ…。ヘロヘロ状態の僕にトドメを弟が刺してくれました…。

弟:「それでね、修理代が140万ぐらいかかるみたいなの…。」

も~、勝手にしてである。でも、しきりに「ごめんね。なんとかするから」とか言ってる弟を見てたらかわいそうで怒れなくてね。16歳に140万どうにかなるわけないじゃん。ま~、いいか。ケガがなくてよかったってことで。僕は弟に「心配するなよ。お兄ちゃんがどうにかするからさ。お前はサッカーがんばれよ。」って言って電話を切りました。

なぜ、そんなにお金がかかるかと言うと、僕の車はこれ↓でした。

bmw.gif

そうです。新・ジェームス・ボンドが一番最初に映画で乗っていた車です。ぼくはこれがめちゃくちゃ気に入ってしまい、がんばって手に入れたのでした…。たしかにこれは大事だったけど、弟にはかなわないもんね。ありがと、マイ・カー、弟を守ってくれて。そんな訳で後で親に電話して修理代を立て替えてもらう事にしました…。武弘(弟)よ、お前がプロになるまでこれは貸しておくからな。がんばれよっ!

一言: 所詮、物だからな…。はぁ~。(涙)

このブログ記事について

このページは、森田 正康が1999年2月28日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はずかしい~アレ買っちゃった」です。

次のブログ記事は「35億円と自由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25