はずかしい~アレ買っちゃった

ボストンも寒かったかがケンブリッジは比べ物にならないくらい寒いです。というか寒さが違う。ボストンは風が吹いていてそれがクビから入ってきて寒いって感じだったんだけど、ここはなんか体の芯からから凍るような感じです。寒い日なんて10分間動かずにいたら顔の神経なくなっちゃいます。この前なんてまいちゃり~で朝9時のミーティングに間に合うように外にでたらあたり一面霜で覆われてました…。おかげでまいちゃり~すべるすべる路面ツルツルです。だけど一生懸命キコキコ走りました。途中、公園の間をぬけようとしたら、あまりの景色にまいちゃり~を止めてしまいました。ここの公園はすごく広くてあたり一面芝って感じです。それが霜で真っ白に変わっていました…。

「きれい…。」

まいちゃり~をとめて5、6分ほど見とれてしまいました。ロマンチックにひたっていたのですが、時間がないのでミーティングにいかなきゃ。急いでまいちゃり~に戻ろうとしました。が、体がうごかないっ!寒くてからだ動かないのです…。どうにか自転車に乗りミーティングに行きました。おっそろしく寒いよな…。あと10分動かないでいたらどうなっていたんだろう…。

そんな寒い日々をいままではどうにかしのいでいたのですが、僕は我慢できずにある一大決心をしました…。それは誕生日の日のことでした。僕も23になったし…もうオヤジだよな…。いいよな…。いまなら自分が許せるよな…。誕生日だしな。それで買いに行きました。ボストンの時からほしいと思っていたがオヤジみたいなのでずっと我慢していたもの…。それは…。

「モモヒキ…。」(恥)

いいじゃんか~。わかってるよ。まだ23歳になったばっかだよ。でも寒いんだよ、本当。これ以上、我慢できないよ。下半身凍りそうなんだよ。息子、使いもんになんなくなったら困るだろ~。(困るのはお前だけだって…。)いいの、買うの。ほっといてよ。も~。オヤジでも雷でも魂でも売ってやるっ!ん、なんかちがう?そんなわけで買ってきました。

「モモヒキ…。」(モジモジ・・・)

パッケージ開けてはいてみました…。

「あったけぇぇぇええええええ。」(幸)

こんなすごいもんだったんだ…。すばらしいよ。も~最高!モモヒキ発明した人にノーベル賞あげちゃう。なずけてノーベルモモヒキ賞。(そのまんまやんけ…)あと今日は記念日にするからさ。なずけてモモヒキ記念日。(さぶ~)一人で感動して踊っていると(恐ろしい…)偶然自分の姿が鏡に映りました…。

「…。」

オヤジ~って感じです。これではいかんっ!考えても見てください。燃え上がる男と女…。ベット上で服を脱がします…。そんな時にモモヒキを男がはいていたらっ!脱がすどころか僕だったら腹巻つけてハゲかつらかぶせて加藤茶に早変わりってやっちゃいそうだよ…。どうしよう、このままでは加藤茶になってしまう…。でもこの暖かさは捨てがたいっ。が~っ!そんなアホなことを考えて苦悩している男が鏡の前にいます。はっきり言って「変態」です。

一言: もちろんスキーに行くんだよって顔して買いました。

このブログ記事について

このページは、森田 正康が1999年2月16日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「厄年のあなたへ…」です。

次のブログ記事は「弟の起こした大惨事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25