英語なんて出来るかっ!

寮生活は不便だよ。特に飯っ!まずいっ!あと時間が決まってるから最悪だよね。でも土曜日と日曜日の夜は寮のご飯が開いてないから自炊かどうにかするしかないわけですよ。ってなわけでこの前の日曜のことですたい。ちょっとリサーチに夢中になっていたらあっとゆうまに夜の8時です。スーパー閉まってるし、今からレストラン行くのも遠いし寒しで困ってしまいました…。「ぎゅるるるるる~。」ようしゃなくお腹は大暴れって訳で出前をとることにしました。

出前といってもピザですが…。偶然、「デカイピザ頼むとミディアムタダッ!」って宣伝を見つけたので、その宣伝につられて「ぱーふぇくとピザ」に電話をすることにしました…。「ルルルルル…。」すぐに電話はつながりました。そして頼もうと思っていろいろ聞きました。どんなトッピングがあるのかとか、宣伝しているセットがまだあるかとか…。

しかしっ!これが通じないのだ…まったく。僕のアメリカアクセントの米語では相手は理解できないのである…。そんでもって同じように店員の英語アクセントはくどくて僕には理解できないだ…。が~ん。いつもは相手が目の前にいるからどうにか理解できてたけど、電話となると相手の表情がないからここまでわからなくなるとは…。恐るべし、英語…。でも、めちゃ、うざいっ!でもピザ食べたい…。住所と電話番号と名前を相手に伝えるのに10分ぐらいかかってしまっている…。しかも僕はお腹すいているせいもあってめちゃヒステリック状態…。

どうにかピザのトッピングにまでありつきました。ここでも何言っても通じない…。僕はソーセージ、ベーコン、ひき肉、エキストラチーズ(野菜食えよ…)が欲しかったのに…相手はとぼけて「パイナップル?」とか言ってる始末…。「き~~~っ!」って感じではあったがここは我慢してお願いしました…。ふ~、どうにか二枚目のピザもたのんで…30分待ちました。そして遂にピザをゲット…。久しぶりにピザでこんなにうれしい思いをしたよ。ちゃんと2枚来たしね。正直いうと6枚とか来たらどうしようとか思ってたんで…。

もう、こん時には腹減りまくり、急いで箱を開けました…。が~ん。「やっぱり…」入っていたのは、マッシュルームとトマト…。(涙)二枚目はチーズのみ…。なんでやねん。なんでソーセージ、ベーコン、ひき肉、エキストラチーズがマッシュルームとトマトになるの定員さんの耳っていったいなんなんだろう…。どこが、「ぱ~ふぇくと・ピザ」なんでしょう…。それとも僕の発音が悪いのかな…。でも、もうどうでもいいや。とりあえず食べるぞ…。

それでも美味しく頂いて、今回のことをかんがえてみました。やっぱりイギリス英語はむずかしいね。そ~いえば、この前もサッカーストアの場所を聞いたときに。

「ば~か~ず・え~ぶんの隣にあるよ。」

といわれて困った事があった…。なんちゅう店なんだろうと思って行ってみれば、それは、「ベーカーズ・オーブン」であった…。だって、本当にそうやって聞こえるんだもん。本当に難しいよ。本物の英語ってさ…。でも貴族になるためにはがんばらなきゃ…。今日から僕はイギリス人。「せ~ゆ~。」←SEE YOUです。(笑)

もりたまのワンポイント英語講座っ!第一回(ってこれで終わりだろっ!)

イギリス人は「i」のことを「オイ」と発音するように思えます。あと、「c」は「k」だと思って発音するとあなたも貴族に近づけるよん♪

例題:
原文:I can’t speak English.
米語:アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ。
英語:おい・かんと・すぺーく・えんぐれっしゅ。

となります。みんなできたかな?ちなみにこれで恥かいても僕は知りません。それでは、さよなら、さよなら、さよなら…。

一言: でも、純日本人には英語の方が聞きやすいみたいだよ。

このブログ記事について

このページは、森田 正康が1999年3月19日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「35億円と自由」です。

次のブログ記事は「本当に日本人?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25